1. >
  2. クレジットカードとの付き合い方

クレジットカードとの付き合い方

初めてクレジットカードを作ったのはバイト先で店長から頼まれた時でした。

その時は特に使う事もなくただ財布の中に入れていただけでした。

2年後くらいに友人と遊んでいる時に好みの洋服を見つけたのですが手持ちがありませんでした。

そこでクレジットを使ったのが最初です。

そこで何て便利なのだろうと思いました。

慣れとは怖いもので最初に使った時は月1万までと思っていたのに、どんどん使う額が増えていきました。

気づけば10万使ってしまった事があり我にかえりました。

クレジットは便利だけど、自己管理が出来ない人は持つのもやめた方がいいなと思いました。

けれどポイントが溜まったり割引があったり便利は便利なので上手く付き合っていけばとてもいい物だと思います。

カードローンは悪ではない。

ローン = 借金 = 返済に金利という無駄なお金を支払う。

という考えを持てば、ちょっとした時にお金が足りないからすぐにローン。をする人はいなくなるであろう。

しかし、突発的な理由(急な不幸、保健未加入時の事故、天災など)があるのは理解できる。

人生は突発的な事象が付き物であり、利子を払ってもお金が必要な場合はある。

だから、私はカードローンが悪だとは考えない。

難しい手続きがなく、簡単にお金を借りれるのはむしろ、本島にお金を借りたいと考える人にとっては、本当に便利だと思う。

使い道を考えてローンという手段をしようしたいと思う。

自分が思うカードローンについて

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンとは少し違って、無担保で借りられてとても便利だと思う。しかし、便利な反面そのカードローンは比較的に誰でも借りられるわけではなく、審査がとても厳しいと聞きます。自分の知人が、カードローンを利用していて、何回か審査に落ちたと言っていたので厳しいと感じました。無担保でお金を借りれるので、やはりそれなりの信用は必要なのかなと感じます。自分としては正直、お金はあまり借りたくないと思う気持ちの方が強いですが…

どこでも簡単に使えるカードローンがあなたの心を軽くする?

カードローンってつまり借金でしょう?使うのはちょっと怖いな……

そんな気持ちはきっと誰もが持っていると思う。

確かに間違いなく借金ではあるけれど、その手軽さと便利さは眼を見張るものがある。

今や、利便性だけを重視するならば緊急時には非常に役に立つ機能だ。

例えば、急な冠婚葬祭や飲み会、遠方、外泊……大人になれば「えっ!?今財布空っぽなのに…!」って時にこそお金が必要になるもの。

「給料日まであと3日、生き延びなければ……!」なんて事も一度は経験があるだろう。

そんな時、自分の貯金をカードで引き出すよりも、カードローンでお金を借りてしまったほうが得な場合があるのだ。

重要なのは「無利息期間」

お金を借りても、利息がつかない期間中に全額返済してしまえば、一切余計なお金はかからない。

「返す当てが確実にあるのなら、別に借りたって構わないのだ」という認識を持てば、無用な悩みも減ってあなたの心もほんの少し軽くなるかもしれない。

例えば、上司に「今日は飲み会はちょっと……」

「あの、給料って前借りできませんかね……?」

そんな話をするよりも、よほど気軽かつ無害な方法だと私は思う。